よく検索されるキーワード :

適度な運動を行う

お年寄りは、適度な運動を行って筋力や柔軟性を高めることで運動転倒による骨折や骨粗しょう症を予防できるといわれています。ウォーキングやラジオ体操、柔軟運動などの簡単なものでかまいませんので、運動の習慣をつけるように心がけましょう。

カルシウムとビタミンDを積極的にとる

骨の材料となるカルシウム、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを積極的にとることで骨を健康に保つことは骨折の予防に効果的です。カルシウムはいわしや牛乳に、ビタミンDは卵やまぐろに多く含まれています。