よく検索されるキーワード :

歩行は可能なのですが、ある距離、例えば100mほどの歩行で、両下肢にシビレと下肢痛が出現し、歩行できなくなります。
腰を下ろして、つまり腰を前屈位でしばらく休憩するとまた歩行が可能になります。腰痛
それを繰り返す歩行症状を間欠跛行(かんけつはこう)と呼びます。
歩行中の症状もやはり腰椎の背屈で増悪し、やや前屈位で歩行すると出にくいのが特徴です。
したがって、自転車こぎが間欠的にできなくなるということはありません。

 

 

関連記事

歩行と休息を繰り返す間歇性跛行が特徴的

様々な調査によると、腰痛の多くは実は原因が特定できない「非特異的腰痛」とされています。