よく検索されるキーワード :

動脈硬化は血管の老化ともいわれ、誰にでも起こります。ただ。老化の速度は、人によってかなり違います。
日ごろから生活に気をつけ、動脈硬化になりにくくすることが、閉塞性動脈硬化症の予防につながります。
特に、この病気は脚に症状が出るため、脚の運動によって血液循環をよくすることが大切です。病院では症状に応じて、薬(血流を改善する薬など)のほか、運動療法として医師の指導でウォーキングや自転車こぎなどが取り入れられます。
症状の改善や予防のためには、週に3回以上、30分~1時間程度のウォーキングがいいとされています。歩くことは、高血圧や糖尿病の改善にもつながるので、ぜひ心がけましょう。

ただし、すでに歩くと痛む症状がでている場合には、まず検査を受け、医師の指導を受けてください。
病気が重症化している場合には、カテーテルで患部の血管を広げる手術や、人工血管に替える手術などが行われます。この場合にも退院後は、ウォーキングなどの運動によって再発を防ぐことが重要です(退院後の運動については、医師の指導をきちんと守ってください)。
また、喫煙やストレスも、動脈硬化を促進する要因です。タバコを控え、積極的に気分転換するなど、生活を見直すようにしましょう。