よく検索されるキーワード :

血管を傷める最大の原因は高血圧と高脂血症

「人間は血管から老いる」といわれます。血管がもろく破れやすくなったり、詰まって血液の流れが不十分になるために、体や脳の老化は進むし、心臓発作や脳卒中などの病気を引き起こすのです。血管を傷める最大の原因は高血圧と高脂血症ですから、これを予防し改善することが、血管の老化、さらには全身の老化や病気を防ぐことになるのです。
 高血圧も高脂血症も、毎日の生活が重要な原因になる生活習慣病です。食生活をはじめとする日常生活をもう一度チェックして予防を心がけるとともに、定期的に健康診断や人間ドックを受診して早期発見につとめましょうもしも病気がはじまっていたら、それを進行させないように生活を管理し、きちんと治療を受けてください。