よく検索されるキーワード :

熱中症予防には、適切な水分補給が重要であるということは、かなり一般常識として、周知されてきています。

しかし、水分補給と言っても何をどれ位飲めばいいのでしょうか?

 

また、熱中症対策に経口補水液と言われるものがドラッグストアなどで簡単に手に入るようになってきましたが、
経口補水液はいつ飲むものなのか?適切に理解されておらる方は、少ないのでは無いでしょうか?

 

今回は、熱中症に効果的な水分補給をご紹介!

 

運動中に水をたくさん飲んでお腹が痛くなったことはありませんか?

これは水の飲み方に原因があります。運動を始めてしばらくすると、身体にたまった熱を下げるために水分が必要になりますが、のどの渇きを感じない程度であれば、ついつい後回しにしてしまいがち。のどが渇いたと感じたときには、身体はかなりの脱水状態にあるため、一度に多量の水分を飲んでしまうことになります。一度にたくさん飲んでしまうと胃に水分がたまってお腹が重くなり、痛みを感じたり、身体がだるく感じられたりすることがあります。

このようなことを予防するためにも30分を超えて運動を続ける場合には、運動を始める前と終わった後だけではなく、運動中にも水分を補給することが大切です。適切な水分補給の目安は次のとおりです。

■水を飲むタイミングと量

運動を始める30分前、250~500mlを何回かに分けて飲む
運動中は20分~30分ごとに一口~200ml程度を飲む
運動が終わった後は減った体重分を補うように何回かに分けて飲む

■飲み物の温度

あまり冷やしすぎないこと。常温もしくは8~13℃程度に冷やしたもの

■飲み物の成分組成

塩分0.1~0.2%程度
糖度2.5~3%程度
糖度が5%を超えると水分の吸収率が悪くなります。市販のスポーツドリンクを飲む場合には糖分濃度を確認し、水で薄めて飲むとより身体への吸収が早くなります。

スポーツドリンクと経口補水液は何が違うのでしょうか?

スポーツドリンクは一般的に、清涼飲料として日常生活の中で発汗などにより失われる水分と電解質を速やかに補給する飲料として開発されています。なので、ナトリウムやカリウム、マグネシウムなどの電解質は、汗の成分に近い組成となっています。運動の後やお風呂上がり、乾燥した室内で水分と電解質が失われたときなどに効果が高いとされています。

 

経口補水液は、軽度から中等度の脱水状態の方の水や電解質を補給・維持するのに適したものです。消費者庁による『特別用途食品個別評価型病者用食品』の表示許可を受けています。感染性腸炎、感冒による下痢・嘔吐(おうと)・発熱を伴う脱水状態、高齢者の食事量不足による脱水状態、過度の発汗による脱水状態などに適している飲み物となります。

 

簡単に説明すると、脱水症にならないために飲むのはスポーツドリンク。
脱水症になってしまった時に飲むのは経口補水液であるとされています。

 

経口補水液は、脱水症からリカバーするために作られているので、脱水症状で無い方が飲むと塩っぱく感じるようです。
また、熱中症日頃から経口補水液を飲み続けると、塩分の過剰摂取となり高血圧症などのリスクが高くなるとされています。

適切水分補給を行うことが、熱中症予防・対策。また、日々の健康を作っていくものであります。