よく検索されるキーワード :

老化・病気の元? 運動による活性酸素の増加を防ぐ方法

「運動は体内の活性酸素を増やすので、身体に良くない」という話を聞いたことはありませんか? 実はこの話も、ある意味では本当。激しい運動を行うと、大量の酸素を消費するため、老化やさまざまな病気の誘引因子である活性酸素が増えてしまうことがあります。

しかし、これはあくまでも、あまりに過剰な運動を続けてしまった場合のみ。自分にあった適切な運動量であれば、活性酸素によるデメリットを考えて不安になる必要はありません。

逆に運動が習慣化されると、体内で発生した活性酸素を除去する「抗酸化システム」がしっかり働くようになるので、身体に悪影響を及ぼすことは少ないといわれています。