よく検索されるキーワード :

どのような病気か

起立性低血圧症は体位変換時、とくに臥位(寝た状態)や座位から急に立ち上がった時に血圧が下がり、ふらつきやめまい、疲労感(疲れやすい)、動悸、視野のかすみ、眼前暗黒感、時には失神などを伴う病気です。

立位になると全身の循環血液量のうち、500~800mlは腹部や下肢に移行します。そうすると心臓にもどる静脈還流量が減少します。そのため、心拍出量(心臓から送り出す血液量)は減少し、大動脈や動脈洞に存在する圧受容体(血圧をコントロールする器官)の刺激も低下します。

 正常なら、これが誘引となって交感神経を中心とする調節反射がはたらいて、心拍数の増加や心臓の収縮能、末梢血管の抵抗が高められ、立位になっても血圧が維持されます。しかし、このような血圧コントロールの過程のなかで、何らかの原因で調節反射が正常にはたらかないと、血圧は起立時に下がったままで臥位の状態にもどらず、起立性低血圧となります。

症状

めまいやふらつきなど起立時の症状は午前中に出現しやすく、とくに食後や運動後に増悪することがあります。高齢者ではとくに食後に一過性の意識消失発作(失神)を認めることがありますが、その原因として、食後に血液が内臓にたまることが、全身の血管抵抗を減少させているとされています。