よく検索されるキーワード :

ほうれん草や小松菜、豆類などの野菜に含まれる鉄分は非ヘム鉄といい、体への吸収率は1~6%と非常に少ないのです。一方肉類に含まれているヘム鉄の吸収率は10~20%と、大きな差があります。

そのため、鉄分を効率良く摂取するには、(1)ヘム鉄をとる、(2)非ヘム鉄をとるときは、鉄分の吸収を助けるじゃがいも、ブロッコリー、グレープフルーツなどのビタミンCやクエン酸を一緒にとることが大切です。ヘム鉄をとるにはレバーが一番ですが、苦手だという人は牛肉やかつお、いわしなどからとるといいでしょう。