よく検索されるキーワード :

腰痛予防・腰痛軽減は、日常生活において正しい姿勢・動作を行い、illust2811

いかに腰に負担をかけないようにするかがポイントとなります。

そこで日常生活において正しい姿勢や動作のポイントを紹介します。
鏡や他の人から姿勢をチェックしてみましょう。直感でもかまいません。
チェックがある場合、腰痛になりやすい姿勢・動作をしています。

1.立つときの姿勢チェック

  • 体が反りすぎている
  • 猫背になっている
  • 顎を引きすぎている
  • 胸を張りすぎている
  • ガニ股で立っている
  • 片方の足だけに重心がかかっている

2.座るときの姿勢チェック

  • 椅子の前の方に座っている
  • 足を投げ出している
  • 極端に高いまたは低い椅子に座っている
  • 柔らかすぎるソファーに座っている
  • あぐらを組んで座っている

3.歩くときの姿勢チェック

  • 体を斜めにして歩いている
  • 猫背など背中を丸めて歩いている
  • 体が反りすぎている
  • 靴を引きずって歩いている
  • 内股やO脚で歩いている
  • ヒールの高い靴を履いている

4.物を持ち上げる姿勢チェック

  • 中腰のまま腕だけで物を持ち上げる
  • 膝が曲がっておらずお尻も落としていない状態で物を持ち上げる

日常生活の中で腰が痛くなった時の動作を見直ししてみましょう。
腰の痛みが楽な動作を覚えることも腰痛予防に役立ちます。

 

関連記事

腰痛は腰椎と呼ばれる腰の骨への負担を軽減させることが大事です。

慢性腰痛症の改善には、どのくらいの頻度で、どんな運動を行ったらいいのでしょうか?