よく検索されるキーワード :

手術で腰の痛みから開放されるはずだった。

“腰痛”と聞くと、一般的には「ぎっくり腰」や腰痛「椎間板ヘルニア」などが連想されることが多く、腰の使いすぎによって筋肉や骨が傷んで起こるものだと単純に考えられがちです。
しかし実際には、「この腰痛は○○によって起きている」とか、「病名は○○である」といったふうにはっきりと原因を確定できるようなケースは思いのほか少ないのです。

腰痛がたった一つの要因によって生じていることはまれです。
多くの場合、複数の要因が関係しており、複雑にからみあって起きている場合は原因の特定が困難になります。

腰痛の主な原因は大きく4つに分けられます。

  1. 骨や筋肉の障害による痛み(器質的な痛み)
  2. 神経の障害による痛み(神経痛)
  3. 精神的ストレスによる痛み(非器質的な痛み)
  4. 内臓の病気による痛み

これらの4つの要因のうち一つだけが原因となっていることもあれば、複数の要因によって腰痛が起きている場合もあります。

原因不明の「非特異的腰痛」

腰の骨や椎間板が変形したり壊れたりする椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症・すべり症などの障害では、痛みの原因が明らかであり、はっきりとした病名で診断を下せます。しかしこうしたケースは腰痛全体から見ると少数派です。

腰痛は多くの場合、レントゲン、MRI、CTなどの画像検査を行っても原因を突き止めることができません。腰の痛みがあるのに、腰の骨や椎間板などの組織に異常が見られないものが腰痛全体の85%を占めています。こうした原因不明の腰痛のことを医学的に非特異的腰痛といいます。これに対して、画像検査で骨の異常や神経圧迫などが見られる場合には特性腰痛といわれます。

「非特異的腰痛」とは医学的な用語であり、病院の診断では腰痛症や坐骨神経痛という名称で呼ばれます。腰痛で病院を受診すると、必然的にこのどちらかと診断されるケースが多くなります。
非特異的腰痛のうち、神経のどこかに異常がある神経性の痛みと思われる場合は「坐骨神経痛」と診断され、神経以外の要因(筋肉の疲労やケガ、関節や靭帯の損傷など)が原因であると思われれば「腰痛症」と診断されます。
例えば、ぎっくり腰は腰に激しい痛みがあっても、腰の骨や椎間板には画像で分かるような異常は見当たらないため、非特異的腰痛(腰痛症)に分類されます。

腰痛は、これだけ複雑に絡み合って痛みを誘発していると考えられ、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症のレントゲンでの診断だけでは、腰の痛みを突き止めることが出来ない可能性が高いと考えられる様になりました。

手術をすれば、痛みから解放されるワケでは無い。

非特異性腰痛の解明が人間の多くを悩ます腰痛からの解放になるのではと感じます。