よく検索されるキーワード :

どのような病気か

最近は、航空機を長時間利用した旅行が増えてきたこともあり、エコノミークラス症候群(旅行者血栓症)としても知られるようになってきました。

下肢の静脈にできた血栓(深部静脈血栓)が、静脈壁からはがれて血流で運ばれ、肺動脈をふさぐ病気です。血液は肺を通過しにくくなり、右心室は急速に拡張します。そのため血液が左心室に入らなくなり、心臓から全身に出ていく血液は減少してきます。

 一般に急性期の死亡率は、診断がつかなければ約30%、診断がつけば約8%といわれていますが、この病気には特徴的な症状がなく、臨床診断が難しい病気のひとつとして知られています。

原因としては、血液凝固の亢進状態や、長期臥床(寝ていること)・腹部や下肢静脈の圧迫(腹腔鏡処置や腹部腫瘍)などによる静脈血流の停滞が考えられます。入院中のベッド上での安静や、狭い座席で長時間過ごすことも、血液の停滞を引き起こします。

 通常は、下肢の筋肉を動かすことにより静脈がしごかれて、血液は心臓にもどります。静脈壁に血栓があると、静脈がしごかれることにより、血栓がはがれて肺に移動していきます。これが肺動脈血栓塞栓症の原因です。

症状

特徴的な症状はありませんが、長い時間安静にしていた人が、歩行を開始したりトイレに立ったあとに、急に息苦しくなったり、めまいや失神を来した時にはこの病気が疑われます。心不全や肺の病気がなくて、少しずつ息苦しさが増してくる場合もあります。

 ふさがれた肺動脈の範囲により、その重症度は異なります。無症状のこともありますが、最も重症の時には突然に心拍も呼吸も停止することがあります。また、症状が一時的に消失しても、2度目の発作で重症になることもあります。

予防方法

血栓予防に最も効果があるのは早期離床と歩くことです。

安静臥床中の予防には、
①水分補給、
②禁煙、
③下肢の体操、
④弾性ストッキングの使用、
⑤間歇(かんけつ)的空気圧迫法で下肢を圧迫する方法

などがあります。