よく検索されるキーワード :

両肩を耳のところまで、引き上げる。
その後、力を抜き肩を下ろします。

また、両肩を円を描くように動かします。肩甲骨の動きを意識しても大丈夫です。肩周囲の筋肉を使い肩こりの症状緩和に有効です。

 

注意点

痛みが出現した場合は中止してください。
また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行ってください。
心配な場合は、必ず医師・担当の療法士、セラピストに相談してから行いましょう。

運動は反動をつけて行っては行けません。
また、呼吸を止めないために数を声に出すのも効果的です。