よく検索されるキーワード :

持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こる。

肩こりは同じ姿勢をとり続けるなどして頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の肩こり筋肉(肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・
板状筋・脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こる。

それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすとされている。

痛み強い時は、まずは温める。そして、肩甲骨を意識して大きく円を描くように肩、肩甲骨を動かしてみましょう。