よく検索されるキーワード :

糖尿病の初期には、はっきりした自覚症状はありません。
しかし次のような症状は、糖尿病が関係している可能性があるので注意が必要です。

疲れやすく、根気がない

インスリンの働きが低下すると、ブドウ糖をうまくエネルギーに変換できず、疲れやすくなります。からだだけでなく、脳へのエネルギー供給も不足し、根気がなくなったり、イライラすることも多くなります。

太る

余分なブドウ糖が増え、脂肪細胞にとり込まれると肥満を引き起こします。肥満になるとインスリンの働きが低下し、糖尿病の悪化につながります。

薄味の料理を物足りなく感じる

亜鉛の不足から味覚障害を起こし、薄味の料理を物足りないと感じるようになります。どんな料理にもソースやしょう油、マヨネーズをかける人は要注意です。

視力が落ちて矯正しにくい

血行障害などが原因で視力が低下したり、かすんだりします。糖尿病性の視力障害の場合には、メガネやコンタクトレンズで矯正しにくいという特徴がみられます。

手足にタコやイボができやすい

からだの末端部の血行が悪くなるため、タコ、魚の目、イボなどができやすくなります。同じ理由から、できものが増え、また治りにくくなることもあります。

足にしびれやむくみが起こりやすい

神経障害の影響で、足に軽いしびれやむくみなどが起こることがあります。

のどが渇き、水分をほしがる

進行した糖尿病の典型的な症状のひとつで、のどがやたら渇き、水などの飲みものを多くとるようになります。

尿の回数や量が増える

腎臓の機能が悪化するため、トイレが近くなったり、尿の量が多くなることがあります。

理由もなく急にやせる

ブドウ糖をうまくエネルギーに変えることができないため、急にやせることがあります。ダイエットもしていないのに、1カ月に2kg以上やせた場合には注意しましょう。

こうした症状は糖尿病のシグナルともいえます。いくつか重なった場合には、糖尿病を疑って早めに受診することが大切です。