よく検索されるキーワード :

ベッド近年アメリカで行われた研究では、

睡眠時無呼吸症候群の人は、正常な人と比べて

糖尿病は1.5倍、高血圧は2倍、心疾患3倍、脳卒中に至ってはなんと

4倍も発症リスクが高まる

というデータがあるほど、生活習慣病と密接な関係にあります。

さらに、交通事故にも大きく関わっており、飲酒している人より、重症の睡眠時無呼吸症候群の人の方がハンドルミスが多いというデータもあるほどです。「たかが睡眠」と甘く見ずに、異常に気がついたらすぐに病院で診察を受けましょう。