よく検索されるキーワード :

加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)は「目の生活習慣病」!?

加齢黄斑変性症は、近年増加傾向にある疾患で、OZPA87_megaitaindesu20130707500-thumb-1050x700-4993発症に生活習慣が大きく関わっています。なかでも一番の危険因子といわれているのがタバコです。

喫煙者と非喫煙者では、なんと最大5倍も発症リスクが異なるのです。その他には、野菜やフルーツをとることが少ない食生活や血圧が高いことなどが挙げられます。さらに直射日光を浴びることが多い人も要注意です。当てはまると感じた人は、生活習慣を改善して、発症のリスクを軽減しましょう。