よく検索されるキーワード :

日常生活から考えられる原因

中年男性のストレスの多い生活

ストレスと痛風は密接な関係があります。心身の緊張状態が続くとエネルギー消費が多くなり、尿酸が過剰につくりだされるとともに、ストレスによってホルモンの分泌が変化することで、腎臓から尿酸が排泄されにくくなると考えられます。そのため、痛風は仕事や家庭における責任の重い30~50代の男性に最も多く発症します。

プリン体を多く含む食品の摂取

尿酸は、食事に含まれるプリン体からも生成されます。プリン体はほとんどの食品に含まれ、なかでもレバーなどの内臓、魚卵、貝類、ビールなどに多量に含まれます。体内に入ると多くが腸管内で分解されますが、食べすぎると尿酸が増えるのを助長して痛風を招きます。

過食・運動不足が引き起こす肥満

肥満はさまざまな生活習慣病の危険因子ですが、痛風とも密接に関係しています。肥満になると、尿酸の排泄が低下したり、肥満を引き起こす過食や運動不足がプリン体の産生を促すため、尿酸値が上昇しやすくなります。また、体内に内臓脂肪が蓄積されると、脂肪細胞から分泌されるさまざまな悪い物質が血圧や血糖値を上げ、痛風に合併しやすい高血圧症や糖尿病などを誘因します。

激しい無酸素運動

尿酸の原料となるプリン体は、ATPというエネルギーの発生源となる物質にも含まれていますが、筋肉を酷使したり、全力で走り回るような激しい無酸素運動によってこのATPが急激に分解されると尿酸値が上昇します。また、激しい無酸素運動により疲労物質である乳酸が体内に溜まると、尿酸の排泄機能が低下します。このため、プロのスポーツ選手などには痛風の発作を起こす人が多くみられます。

痛風の人がいる家系と痛風になりやすい性格

日本ではあきらかに遺伝が原因と考えられる例は痛風全体の約8%です。痛風の人が多い家系があるのは家族の生活習慣が似ているためと考えられます。痛風の発症と性格は密接な関係があり、積極的、活動的、指導力がある、自己主張が強い、他人に対して攻撃的などの性格をもち、つねにストレスを抱えている人が痛風になりやすいといわれています。

痛風の原因となる主な疾患

痛風は自覚症状がほとんどないため、知らないうちに進行し、ある日突然痛風の発作が起こります。しかし誰でもいきなり痛風になるわけではありません。尿酸の排泄が滞り尿酸が過剰な状態が、痛風予備軍といわれる高尿酸血症です。痛風発作のほとんどは高尿酸血症の人に起こります。健康診断で尿酸値が高めの人や肥満と診断された人は、軽度の高尿酸血症が疑われるので要注意です。また、糖尿病や脂質異常症、高血圧症なども痛風の危険因子となります。

日常生活の予防法

楽天的な考え方を生活に取り入れる

ストレスは痛風の大敵です。真面目で、何事も深刻に受け止める人ほどストレスを溜めやすいので、できるだけ肩の力を抜き、楽天的な考え方をしましょう。また、散歩や軽いスポーツ、旅行、音楽鑑賞、ガーデニング、友人と愚痴をこぼし合うなど、自分に合ったストレス解消法を生活に取り入れ、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

肥満を解消する

肥満の人は体重を減らすと尿酸値も下がります。摂取カロリーを1日1600~1800kcalに抑え、栄養バランスのとれた食事を規則正しくとることが大切です。また、早食いは食べすぎになりやすいので、食事に30分以上かけると、食べすぎを防ぐことができます。食事制限と適度な運動を続け、1カ月に1~2キロ程度の減量を目指しましょう。

プリン体を多く含む食品やビール、塩分を控える

レバー類やイワシ、アジなどの背青魚、白子、カツオブシなどプリン体を多く含む食品を食べすぎないようにしましょう。鍋物やすき焼きの煮汁などにはプリン体が溶け出しているので要注意です。アルコールは尿酸の排泄を低下させたり、尿酸を増やす作用があり、とくにビールはワインの14倍、日本酒の4.5倍ものプリン体を含みますので、控えましょう。また、尿酸値の高めの人は高血圧を合併しやすいので、すでに尿酸値が高い人は塩分を1日8g以下に抑えましょう。

軽めの有酸素運動を行う

軽い有酸素運動には、減量効果とともに尿酸値を下げる効果があるといわれています。ウォーキングやサイクリング、ジョギング、エアロビクス、水泳など、1人でもできて無理なく続けられる運動を選びましょう。また、汗をたくさんかくと体内の水分が失われ、血中の尿酸値が上昇します。激しい運動を避けるとともに、汗をかいたら水分をこまめに補給することが大切です。 ・定期検診で尿酸値をチェックし早期に発見する 尿酸値が7.0mg/dl以上になると高尿酸血症と診断され、8.0mg/dlを超えると痛風発作の危険が高まります。自覚症状がほとんどあらわれない無症候高尿酸血症が近年急増していますので、痛風を予防するためには、健康診断や人間ドックなどで定期的に血中の尿酸値を検査し、高尿酸血症を早期に発見することが大切です。

対処法

痛風発作時は患部を冷やして安静にする

痛風発作が起きたときは、炎症を抑えるために、患部を冷却湿布薬や水・氷などで冷やして安静にしましょう。患部を心臓より高い位置に上げて冷やすと効果的です。痛みや腫れが強くあらわれている間は、仕事を休み安静にしていることが一番です。そしてなるべく早く医師の診察を受けましょう。

水分をとって尿量を増やす

水分を十分にとり尿の量を増やすと、尿とともに体外に排泄される尿酸の量が増えます。また、腎臓内に尿酸が溜まるのを防ぐこともできますので、高尿酸血症や痛風の発作を起こしたことのある人は、1日最低1.5リットルは水分をとるように心がけましょう。水分補給は水かお茶にし、砂糖入りのコーヒーや紅茶、アルコール、ジュースなどは避けましょう。

野菜をとるようにして、尿をアルカリ性にする

血中尿酸値が高いと血中から尿中に排泄される尿酸が増え、尿中の過剰な尿酸は、尿が酸性になっていると結晶化し、尿管結石の原因になります。尿をアルカリ性にするために野菜を積極的にとり入れるよう心がけましょう。

病院で診察を受ける

痛風が疑われる場合は、ただちに専門医を受診しましょう。最近、大きな病院では痛風・膠原病・リウマチ科や内分泌代謝科などを設け、痛風の専門医が治療にあたっているところが増えています。専門の病院がわからないときや近くにないときは、内科を受診しましょう。

痛風は女性や若い世代にも増えている

痛風はかつて中年男性の病気といわれ、女性がなることはまれでした。これは、女性の尿酸値が男性の3分の2程度しかないためで、女性ホルモンが尿酸の産生を抑えていると考えられています。しかし、閉経を迎えると、女性ホルモンの分泌が減少するので尿酸の量が増え、さらに、肥満や過食、運動不足、社会進出によるストレスの増加などによって、近年は女性でも痛風になる人が増えています。また、食生活の欧米化やファストフードの過食、不規則な食生活に加えて、過剰なストレスなどによって、若い世代にも痛風患者が急増しています。いまや痛風はぜいたく病ではなく、誰もがかかる危険性の高い生活習慣病です。