よく検索されるキーワード :

一瞬にして眠りを破るこむら返り

気持ちよく眠っていたのに、急にふくらはぎの筋肉(=こむら)がつって、目を覚ましてしまうことはありませんか?

睡眠医学では「睡眠関連下肢こむら返り」と呼ばれるこの現象は、多くの人が経験しています。

これまでの調査では、一般人の16%以上が経験していて、50歳以上になるとほぼ全員が、一生のうちに一度は経験しています。また、60歳以上の人の33%、80歳以上になると半分の人で、2か月に1回は睡眠中にこむら返りが起こります。さらに、60歳以上の6%の方は、毎晩こむら返りに襲われていると言います。

こむら返りは、睡眠中でも目覚めているときでも、同じようにして起こります。何らかの原因で2~3秒から数分間、ふくらはぎや足の筋肉が収縮して起こります。そのあとにも30分くらい、つったところの痛みや不快な感じが残ります。

睡眠中にこむら返りが起こると目覚めたり、意識の上では目覚めなくても脳波上の覚醒反応が起こったりします。そのため、睡眠が分断されて睡眠時間が短くなります。また、慢性的にこむら返りが起こる人に睡眠時ポリグラフ検査をしてみると、ふつうでは見られない筋肉の活動が記録されます。つまり、筋肉がつりやすい状態になっている、ということです。