よく検索されるキーワード :

疲労回復の効果はちょっとしたコツで大きく変わります。食べ物の選び方、組み合わせ、料理の仕方、飲み物の飲み方、眠り方、眠る前の工夫、お風呂の入り方、入浴剤、湯船の温度など、普段の生活で効果的に疲労を回復する方法を紹介します。

食べ物で疲労回復

酢の物やお酢のドリンクで疲労回復しよう

お酢に含まれるクエン酸は疲労物質の乳酸を分解し、アミノ酸はエネルギー代謝を活性化して乳酸が作られるのをおさえてくれます。酢はダブルで疲労回復に役立つすぐれものです。

疲れた時はつい甘いものが欲しくなりますよね?しかし甘いものにはビタミンB1が少ないので糖質がうまく分解されずに疲労物質である乳酸に変わってしまって、かえって疲れを感じてしまうことにもなるんです。

そこで体の中にたまった乳酸を分解して疲れをとるのがお酢などに多く含まれるクエン酸。

酢の物を食べたりお酢のドリンクを飲むのは乳酸の分解に効果的。ごはんのおかずにお酢をかけるだけでも手軽にクエン酸が補給できて疲労回復に役立ちます。

また、食べ物に含まれるブドウ糖が体の中で完全にエネルギーになりきれずに“カス”が酸性物質となって体内にたまってしまうと体が酸性化して疲れを感じます。ここでもお酢が体をアルカリ化して“カス”がたまらないようにしてくれるので疲労回復に効果的なのです。

クエン酸を多く含む食べ物は、お酢のほかにも、かんきつ系の果物(レモン・みかん・グレープフルーツなど)、パイナップル、キウイ、トマト、梅、などがあります。

むくみを解消する食べ物

むくみやすい人は水分の代謝がうまくはたらいていない傾向があります。その原因のひとつが「塩分のとりすぎ」。塩からいもの、味付けの濃い食べ物はもちろんですが、コンビニ弁当、スナック菓子、練り製品などの加工食品など、気づかないところにも塩分が多く含まれています。お酒のつまみにも塩分が多いのでお酒をよく飲む人は要注意ですね。水分だけでなく老廃物が排出されないこともむくみの原因に。疲労回復のためにもむくみをとるように気をつけたいものです。

むくみの解消に効果的な栄養素は、ビタミンE、カリウム、クエン酸。

ビタミンEは血流をよくしたり体内の循環をスムーズにしてくれます。血管を掃除してサラサラにするので栄養も届きやすく老廃物も排出されやすくなって疲労回復にも効果的。かぼちゃ、ほうれん草、アーモンド、松の実、ごまなどに多く含まれます。

カリウムは利尿作用があるので体内の余分な水分を排出してむくみの解消に効果的。じゃがいも、さつまいも、キノコ類、ほうれん草、玄米、海藻、ナッツ、豆類、バナナ、りんご、キウイ、スイカ、小豆のゆで汁などに多く含まれます。バナナやキウイは手軽に食べやすくていいですね。

クエン酸は疲労回復だけでなく代謝をスムーズにしてくれるのでむくみの解消にもとてもおすすめです。

レモン・オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘類、トマト、梅干し、お酢などにクエン酸は多く含まれています。100%ジュースを飲む、食事に梅干しをそえる、サラダにレモンを絞るなど、意外と手軽に取り入れることができます。