よく検索されるキーワード :

血流運動を行うと使われた筋肉には負荷がかかり、疲労物質が

たまったり、筋線維に細かなキズがついたりといったことが起こります。

かなり激しい運動を行ったときはそれが筋肉痛として現れるようになります。
疲労物質や筋肉痛を引き起こす化学物質などは、身体全身をめぐる血液にのせて運び、適切に分解されることでより早く体外に排出できるようになります。

運動後にも血流を良くしておく

運動をした後にそのまま身体を放置しておくと、今まで活発に使っていた筋肉の血流はゆるやかに減少し、疲労物質などの分解過程も遅くなってしまうため、疲労感が残ったり、ひどい筋肉痛が現れたりします。運動後にも血流を良くしておくことが、自分でできるケアのポイントです