よく検索されるキーワード :

貧血というと “女性の20%が貧血患者”といわれるほど女性に多く、そのほとんどは体内の鉄分不足が原因の鉄欠乏性貧血です。一方、男性でも貧血になる人は多くいます。男性の場合、鉄欠乏性貧血患者は少なく、より重い病気のサインとなっているので注意が必要です。

貧血とは

貧血は血液の赤血球の中にあるヘモグロビンというめまい血色素が減少したために起こります。
ヘモグロビンは身体の組織に酸素を運ぶなど、重要な役割を担っているため、減少するとさまざまな組織が酸欠状態になります。結果、「顔色が悪い」「全身倦怠感」「立ちくらみ」「胸痛」「動悸」「息切れ」などさまざまな症状を起こします。
女性に貧血が多いのは、月経や婦人科系の病気(子宮筋腫、子宮内膜症など)で出血が多くなることがあるからです。そのため、前述のように女性の貧血のほとんどは鉄欠乏性貧血ですが、そのほかにも再生不良性貧血や溶血性貧血といった深刻なケースもあるので、貧血がよく起きるという方は、一度診断をしっかり受けましょう。

体内で出血が起こると貧血を引き起こします

男性が貧血になる場合は、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、大腸ポリープ、大腸がんなどの可能性が高く、それらによって体内で出血が起こると貧血を引き起こします。事実、大腸がん患者を数多く手術してきた大腸がん専門医は、「貧血症状のある患者さんから大腸がんを発見することはかなりあります」と指摘します。ほかにもこの専門医は、貧血症状によって重い病気をダブルで発見したこともあるそうです。「『早期の胃がん患者を見つけました』と消化器内科医から患者を紹介されたときのことです。検査を進めていくと、その患者さんは貧血の度合いが強い。早期胃がんで貧血になることはあまりありませんので、患者さんに了解を得て大腸の検査を加えました。すると、上行結腸に進行がんを発見しました。胃がん、大腸がんともに、転移したものではない『他臓器重複がん』でした」

このようなことにならないためにも、貧血の症状がひどくなったという自覚がある人で、特に40歳以上の人は便潜血検査を受けましょう。
もちろん、40歳以上でなくても、便の色が変だったり、便に血が付着したりすることがある人は、すぐに内科を受診してください。変な便の色というのは「黒色の便」または「赤褐色から鮮紅色の便」です。
黒色の便は食道、胃、十二指腸など上部消化管からの出血が考えられます。いわゆる、コールタール状のタール便です。血液が胃酸や消化酵素によって黒くなり、それが便とまざってタール便となって排せつされているのです。

赤褐色から鮮紅色の便は大腸の、特に肛門に近いところからの出血が便にまざっていると考えられます。このようなとき、軽い病気や痔だと思い込もうとする傾向があるようですが、それでは重大な病気を見逃してしまいかねません。血便がでていると貧血の恐れもあります。必ず精密検査を受けましょう。

男性は女性以上に“たかが貧血”と考える傾向がありますが、それは生命とりになるので要注意です。 しっかり検査を受けることが、重大な病気の発見に結びつくのです。.