よく検索されるキーワード :

混同されやすい狭心症と心筋梗塞の違い

狭心症と心筋梗塞は、大きく違う疾患です。

とくに心筋梗塞は命を落とすこともありますので、違いを知っておくことも大切です。

まず狭心症の発作は坂道や階段を上がったときに起こりやすく、胸や左肩などに締め付けるような痛みが走りますが、安静にしていれば数分以内で治まります。

一方心筋梗塞は、多くは早朝や夜中に胸をえぐられるような強烈な痛みが生じます。痛みは30分以上も続き、安静にしていても痛みがおさまることはありません。心筋梗塞の発作が起こったら、一刻も早く救急車を呼ぶ必要があります。