よく検索されるキーワード :

認知症早期発見のためのサインを見逃さない!

認知症は、早期発見することができれば、現在は薬によって進行を遅らせることができます。

早期発見のためには、認知症の初期症状と、単なる加齢による物忘れとの違いを知っておくことが大切です。認知症の初期には

(1)自分の経験した出来事全体を忘れる、

(2)ヒントを与えても思いだせない、

(3)物忘れの自覚がない、

(4)日時の認識が混乱する、

(5)怒りっぽくなり、意欲が乏しくなるなどの変化がみられます。

これらに一つでも当てはまるようなら、早めに専門医を受診しましょう。