よく検索されるキーワード :

十分注意したい脳血管性のめまい

めまいでまず注意したいのが、脳卒中(脳梗塞や脳出血)によるものです。脳の血管が詰まったり、せばまったりして、血液の流れが悪くなるために、めまいが起こります。
脳梗塞などの場合には、めまいだけでなく、手足のふるえやしびれが生じる、経験したことがない強い頭痛が起こる、急に片方の目が見えにくくなる、喋り方がおかしくなる、などの症状を伴うことがあります。
例えば食事中に急に手に力が入らなくなり、箸を取り落とす。話している途中でろれつが回らなくなり、何を喋っているのかわからなくなる、といったケースです。
もし、そのまま倒れたり、意識を失ったりした場合は、危険な状態なので、周りにいる人はすぐに救急車を呼びましょう。
軽い場合には、こうした症状があっても、すぐに治まってしまうことも少なくありません(一過性脳虚血発作)。そのため放置するケースが多いのですが、脳梗塞などの重大な病気の前触れということもあるので、早めに受診して検査を受けることが大切です。