よく検索されるキーワード :

どんな外傷か

小児の肘周辺骨折の6%を占めます。転倒して肘を伸ばした状態で手をついた時に、肘が外側に曲がる外反力が肘まで伝わって発生します。
成人では橈骨頭骨折が多く、小児では橈骨頸部骨折が多く起こります。

見落としやすい外傷と合併損傷

橈骨頭 骨端核の出現していない4~5歳以下では、骨折が見落とされることがあります。
上腕骨内上顆骨折や 肘頭骨折、 内側側副靭帯損傷、肘関節脱臼などを合併し、これらの骨端核が出現する前では合併損傷も見落とされることがあります。

症状

肘周辺のはれ、皮下出血、痛み、異常な動きなどがみられます。
いずれの症状も 上腕骨顆上骨折よりも軽症です。これは、前腕の2本の骨のうち橈骨頸部という外側の一部分が骨折しているだけで、
腕尺関節という肘の主たる部分が骨折していないからです。

応急処置はどうするか

上腕から手まで、肘を90度にして副木固定を行います。厚めの段ボール紙で代用できます。