よく検索されるキーワード :

柔軟性を高めるための最も手軽な方法がストレッチです。

ストレッチは1人でも簡単に行うことができ、時間や場所をとりません。
柔軟性を高めることで、身体にはさまざまな変化がみられるようになります。

基礎代謝が上がり、血行が良くなる

硬いままの身体で生活することは、基礎代謝の低下や血行不良につながります。ストレッチを行い、柔軟性を高めることは筋肉を動かして代謝を高めるだけでなく、筋肉のもつポンプ作用を利用して血行を改善させます。基礎代謝が上がることはダイエットにも有効ですし、血行が良くなることは手先や足先の冷え症改善につながります。

疲労回復に効果がある

運動や日常生活でたまった疲労物質などは、血液に乗って運ばれ分解されます。血行が良くなるとこの循環が早くなるので、疲労回復に効果があります。

肩こりや腰痛の改善にも役立つ

筋肉の張りやコリなどは、肩こりや腰痛の大きな原因の1つです。柔軟性が低いと関節により大きな負担がかかり、痛みを引き起こすことも。筋肉や腱が伸びることで関節への負担を減らし、肩こりや腰痛を緩和、改善させることができます。

運動をするときのケガの予防になる

ストレッチを行い、柔軟性を高めると筋肉を動かすことにより、筋温が上昇します。運動前のウォームアップなどで行うと、運動によるケガや筋肉痛をある程度予防することができます。逆に筋温が十分に上がらない状態で運動を始めてしまうと、筋肉や関節を痛める原因ともなってしまいます。

心身の老化予防にも

身体を動かして柔軟性を高めることは、心と身体をリラックスさせて緊張を解きほぐすだけでなく、心身の老化予防に効果があるといわれています。

関連記事

体に必要な栄養素でありながら、不足しがちなビタミン。どのようにして毎日の生活の中で、ビタミンを上手にとるか。コツをご紹介します。

健康寿命を延ばし、認知症のリスクを下げる身体活動