よく検索されるキーワード :

朝、起きると腰が痛い。朝から憂鬱な思いの繰り返し、腰痛予防のストレッチや運動も意識して行っているのに、朝起きると腰が痛い。

そんな方はマットレスをチェックしてみましょう。

寝る時に、頭の位置が不安定で、起床時に首スジがこったような感じがすると、まず、枕が合わないのではないかと、思う人が多いようです。枕が原因の場合もありますが、枕以外にも敷布団やベッドに問題がある場合があります。腰や背中が痛くなってしまうことも。

横になって寝る際、大切なことは、体の力を自然と抜くことができるかどうかです。立ったり座ったりと、日中起きている状態では、姿勢を支える筋肉が活動しています。その筋肉を休め、また、脳の疲労も回復させ翌日すっきりと目覚めるために、心地よく感じる「寝る環境」を整えることをお勧めいたします。

マットレスが体に合わないとどうなる?

マットレスは敷布団やベッドに組み合わせて使うことで、寝心地を快適にすることが出来ます。マットレスには、硬さや素材が製品により様々であることをご存知でしょうか? もし、自身の体に合わないものを使用すると、どのようなことが起きるのでしょうか? 考えられる症状を挙げてみましょう。

マットレスが原因? 体の不調チェック

  • 横になった際の、首の違和感、肩周りの張り感
  • なんとなく体の力が抜けない感じがする
  • 背中が痛む。または違和感がある
  • 腰が重い、痛い
  • 寝返りが打ちにくい。寝返ろうとすると、腰部が抜けそうな感覚になる
  • お尻がマットに当たり、痛みや違和感がある
  • 夜中に何度も目が覚めてしまう
  • 適度な睡眠時間なのに、疲れがとれていない

上記のチェックをまず確認してみましょう!

 

現在、マットレスは低反発や高反発など様々な種類が有ります。
値段も高額なものから安価なものまで様々です。

人間の睡眠時間は1日の中でも多くを占めており、さらに身体を休めるという重要な任務が有ります。
しっかりと入眠し、起床時には疲労が軽減しているためにも、起床時に腰痛で悩むということが無いように、
身体にあったマットレスを選ぶようにしましょう。