よく検索されるキーワード :

日本人は慢性的なカルシウム不足です。

食生活の豊かな日本で、数十年にわたりずっと不足している栄養素があります。それはカルシウムです。
日本人に必要とされるカルシウム所要量は、成人の場合1日あたり600mgです(第6次改定・日本人の栄養所要量)。ところが「国民栄養調査」ではいつもこの数値に達せず、2002年度の場合も平均摂取量は546mgにすぎません。
とくに20代は464mg、30代は475mg、40代は503mg、50代は548mgと、働き盛りの年代で不足傾向がみられます。
必要所要量の600mgは、それで十分という量ではありません。諸外国では1000mg以上に設定する国も多く、日本は数値そのものの設定が低めなのです。その600mgすら満たしていないわけですから、かなり深刻なカルシウム不足だといえるでしょう。
カルシウムが不足すると、骨の健康障害(骨折や骨粗しょう症)の原因となることはよく知られています。
その半面、カルシウム不足が高血圧や動脈硬化などの原因となっていることは、あまり知られていません。カルシウムの働きは骨をつくることだけでなく、血管などの細胞の活動にも大きな影響を与えています。そのためカルシウムが不足すると、血圧の上昇や血管の老化を招きやすいのです。