よく検索されるキーワード :

どんな病気か

拡張型心筋症は、心筋の細胞の性質が変わって、特に心室の壁が薄く伸び、心臓内部の空間が大きくなる病気です。
その結果、左心室の壁が伸びて血液をうまく送り出せなくなり、うっ血性心不全を起こします。左心室の血液を送り出す力は、心臓の壁が薄く伸びるほど弱まるので、心筋の伸びの程度で重症度が決まってきます。
拡張型心筋症の5年生存率は76%ですが、突然死の発生もまれではありません。
このことからこの病気の原因解明と有効な治療法の早期確立が求められていますが、現状では自覚症状および予後の改善につながる診断・治療が中心になっています。
原因がわからない拡張型心筋症は、厚生労働省の特定疾患(難病)に指定されているため、医療費の自己負担分が、公費で支払われる場合があります。

原因

先に述べたように、この病気の原因もはっきりわかっていません。
これまでの研究では、ウイルス感染、遺伝子異常、免疫系の異常、アルコールのとりすぎ、妊娠などが関係しているらしいことがわかっています。
複数の修飾因子(高血圧症、動脈硬化、感染、薬物など)が絡み合って病態を複雑にしていることも少なくありません。

症状

最初のうちは自覚症状はありません。しかし、病状が進んでうっ血性心不全が重くなると症状が現れてきます。
初期には疲れやすくなったり、運動時などに動悸や息切れを感じたりという症状が現れ、ひどくなると夜間発作性呼吸困難も出てきます。
夜間発作性呼吸困難とは、夜間眠りについて数時間たったころに突然起こる強い呼吸困難のことです。
横になったことで下半身の血液がより多く心臓へ流れ込み、肺全体が血液で満たされ、肺がうまく酸素を取り入れられなくなって起こります。
もっと重症になると、全身にむくみが出たり肝臓が腫れたりしてきます。 心室頻拍や心室細動といった危険な不整脈が起こると突然死する場合もあります。