よく検索されるキーワード :

どのような病気か

手関節捻挫は、手をついたり、ひねったりして、手関節部に疼痛が生じる軟部組織損傷で、いくつかの病態があります。
そのなかのひとつにTFCC損傷があります。TFCCとは、尺骨頭と 尺側手根骨の間にある三角線維軟骨、メニスカス類似体、 尺側側副靭帯などの複合体のことで、日本語では三角線維軟骨複合体といいます。
TFCC損傷は、転倒して手をついたりしたときなどの外傷によって生じる場合、慢性的な使いすぎによって生じる場合、加齢性の変化で生じる場合があります。

症状

手関節捻挫では、手関節の疼痛とはれが現れます。
TFCC損傷では、手関節の尺側(小指側)に疼痛、はれが生じ、前腕の回旋動作によって痛みが強くなります。

治療

手関節捻挫に対しては、手関節部が動かないように外固定を行います。圧痛の軽減の有無が、外固定を除去する目安になります。
TFCC損傷においても、外傷性のものに対しては、3~4週間の外固定を行います。
慢性的な使いすぎ、変性による場合は、局所麻酔薬とステロイド薬の関節内注射や、付け外しが簡単な装具を装着します。
いずれも疼痛が持続する場合は、関節鏡視下にTFCC中央の部分切除術を行ったり、尺骨が橈骨に対して長いものでは、尺骨短縮術などの手術を行います。

関連記事

痛みが治まってきた段階で痛みにより動かせなかった関節周りの筋力を回復させることが必要です。

手首を曲げた時、手のひらを返した時に小指側の手首に激痛が起こります