よく検索されるキーワード :

どんな病気か

心臓のポンプ機能が低下するために全身に十分な酸素が送れず、また全身の血流が滞るために起こる症候群です。さまざまな原因で起こります。時に急性心不全に移行することを繰り返して、徐々に進行していくことがあります。加齢に伴って増える病気で、また生活習慣病でもあります。

症状の面からは、全身にうっ血(血液が滞る状態)を起こす右心不全と、肺にうっ血し全身へ送られる血液が減る左心不全に分けられますが、通常は両方が同時に起こって両心不全となります。しばしば、心房細動や心室性期外収縮などの不整脈を合併します。

症状

全身に血液がうっ滞する右心不全の症状として、足を中心とするむくみが現れ、体重が増加します。むくみは夕方強くなり、靴がきつくなることで気づくことがあります。左心不全の症状としては、呼吸困難、咳、白っぽい泡のような痰です。呼吸困難は階段昇降や坂道で起こり、動悸を感じることもあります。

心不全で特徴的な呼吸困難は、就寝後しばらくして現れる息苦しさです(夜間発作性呼吸困難症)。この症状は起き上がることで軽減します。

夜間の多尿も、初期の症状として現れます。重症になると尿量は減少します。

全身的な症状としてよく現れるのは倦怠感、疲れやすさですが、消化器症状として食欲不振、腹部膨満感も起こります。

 

治療について

一般的な治療としては、安静、飲水・塩分制限、酸素吸入を行います。また、再発の予防のため、内服薬での治療のほか、塩分制限を含めた食事療法、適度な運動指導、禁煙、減酒の指導を実施します。(運動療法については以下を参照)