よく検索されるキーワード :

コレステロールの高い人が食物繊維をたくさんとるといい

肝臓に回収されたコレステロールからは胆汁が作られ、十二指腸に分泌されます。胆汁が消化液としての仕事を終わると、そこに含まれるコレステロールは、また小腸から吸収されて再利用されます。このとき、食事として食物繊維をたくさんとっていると、胆汁に含まれているコレステロールを吸着して、いっしょに便として排泄してしまいます。コレステロールの高い人が食物繊維をたくさんとるといいといわれるのは、このためです。

体内のコレステロールの約9割は、食事で食べた脂質を材料にして作られます。特に動物脂肪をとるとコレステロールの産生が増えますから、これを含んだ牛肉や豚肉はとりすぎないように気をつけたいものです。植物性の油や魚の油は、コレステロールの材料になりにくく、むしろ、善玉コレステロールを増やす働きがあるので、動脈硬化の予防のためには多めにとるのがいいのです。
食品に含まれるコレステロールは1割くらいですから、それほど心配はいらないのですが、高脂血症といわれた人は、コレステロールのたくさん含まれている卵類やレバーを控えるようにしましょう。このほか、適度な運動は善玉コレステロールを増やすことが明らかにされています。また、動脈硬化を予防する注意としては、タバコを止める、ストレスをためない、過労や暴飲暴食をしないなども大切です。
高血圧、糖尿病、肥満、高脂血症の4つの病気が重なると「死の四重奏」といわれます。これらの病気は、動脈硬化を進めて心臓病や脳卒中で死にいたる危険が高いので、きちんと治療しコントロールしておくことが肝心です。