よく検索されるキーワード :

日中の暑さに合わせ、夜も寝苦しい日が続きますが、バテてきませんか?夏バテの解消法は日々のケアから始まります。日常生活から出来る予防策をしっかり行い、この暑い夏をバテずに乗り切りましょう!

日常生活でできる予防法

・栄養価の高い食品を食べる

まず第一に栄養不足によりスタミナ切れとなるのを予防しましょう。暑くて食欲が無いからそうめんだけで済ませていませんか?
今のうちから3食きちんと食べる習慣を付け、栄養不足に備えましょう。特に夏に不足しやすいのが免疫力の元となるたんぱく質です。
そのほか汗でミネラルが失われて体の機能を損なったり、ビタミンも不足する傾向があります。
更に夏におすすめなのが糖の代謝を促すビタミンBが多い豚肉・豆類です。冷しゃぶ・冷奴・豚のしょうが焼き・枝豆などサッパリ食べられるメニューを取り入れてみてください。

・温度差をできるだけ無くす

室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなります。エアコンは温度をこまめに調節しましょう。自分でエアコンの温度調節ができないところでは、エアコンの風が直接当たらないように風向きなどを調節し、上着を羽織ったり、長いパンツをはくなど工夫をして体温の調節をしましょう。

・ぐっすり眠ってその日の疲れを取る

疲れを溜めないことが夏バテの一番の予防法です。なるべく早めの就寝時間を守ってぐっすりと眠り、その日の疲れをその日のうちに取り除きましょう。寝る30分~1時間前にぬるめのお風呂につかり、暑くて寝苦しいときは頭部を氷枕で冷やすと、早めに寝付くことができるうえ、より一層深い眠りが得られます。

・夏でも入浴がおすすめ

お風呂上りに暑いからシャワーで済ます方も多いのではないでしょうか。
これでは血流が悪くなったり、老廃物が蓄積する原因になります。またぬる目のお湯に浸かることで、自律神経を整えやすくなります。
自律神経は1日のなかで交感神経・副交感神経を切り換えると体温調節がしやすくなります。ぬる目のお湯に浸かれば効率よく副交感神経が刺激され、夏の暑さにも強くなります。
入浴後の汗が苦手な方は、お風呂上りに保冷材を首の後ろに当てると、汗が早く引きやすくなりますよ。