よく検索されるキーワード :

体調を崩しやすいこの季節、急な悪寒でブルっと震えることもしばしば。hiesyou_woman

体調不良の始まりに首や肩がだる重くなることは無いでしょうか?
悪寒の場合は、しっかりと栄養補給と休息が一番です。
しかし、首肩のダルさを解消したい時にどのような方法がベストなのでしょか。

今回は、肩まわりの緊張をほぐす方法をご紹介いたします。下記の内容は肩コリに対して有効です。悪寒がする場合は休息が一番の良薬です。ケアだけで乗り切ることのなく休息もしっかりと、とりましょう。

 

 

肩コリの解消法をご紹介!

患部はしっかり温める!

38~40℃くらいのぬるめのお湯にゆったりとつかりましょう。こっている部分に、40~42℃の熱いシャワーと17~20℃の水を、2、3分ごとに交互にかけ、最後に熱いシャワーで締める方法もおすすめです。お風呂からあがったら、水気をよく拭いて湯冷めしないように気をつけましょう。

ほど良い刺激のマッサージを受ける

痛みを感じるほどのマッサージは、筋肉に余計な緊張や局所的な疲労を与えたり、小さな傷をつけてしまうことがあります。周囲の人にマッサージをしてもらう場合や、自分で行う場合は、さする、軽く押す、もむ程度の軽い刺激に留めておくのがいいでしょう。また、凝っている筋肉をゆっくりと伸ばす(気持ちがいいと感じる程度)のもオススメ!

市販の薬を使う

肩こりや首のこりの緩和には、鎮痛消炎成分インドメタシンやフェルビナクなどを配合した外用鎮痛消炎プラスター(貼付薬)や、イブプロフェンが配合された鎮痛消炎内服薬が効果的です。さらに、ビタミンB1、B6、B12などの有効成分を配合したビタミン剤も、体の中から効果があります。