よく検索されるキーワード :

心はアスリート、でも体は…なかなか、ついてこない。

学生時代にスポーツなどで体を鍛えていた人が、以前と同じ運動を再開するとケガをしてしまったり、思うように体が動かなかったりといったことが起こります。これは頭の中では「スポーツをやっていた頃のよく動く体」の感覚を持っているのに、実際の体は運動をしなかった時期が長く続いた結果、以前と同じような動作ができないというギャップから起こると考えられています。

速く走っているつもりなのに、まったく足がついてこない。必死になって足を動かそうとするのに思ったほど動いていないので、太ももの筋肉を痛めてしまったといったパターンです。

こうしたケガを予防するためには、以前と同じ運動を行うときに、運動量や運動負荷を軽めに設定することが望ましいでしょう。

しばらくブランクがあるときは、一度軽めの運動から始めるようにして、自分の持つ運動感覚と実際の体の動きのギャップを大きく広げないように、段階を踏んで調整していくことが大切です。