よく検索されるキーワード :

くも膜下出血の前兆とはどのようなものなのか。

くも膜下出血は、脳を包むくも膜の内側の血管で起こる出血です。
多くの場合、血管に動脈瘤(どうみゃくりゅう=コブ)ができ、そこに圧力が加わって破裂することで起こります。動脈瘤がなぜできるのかは、まだよく分かっていませんが、血管の弱い部分(分岐部など)にできやすい傾向があります。
くも膜下出血が起こったときの典型的な症状は、「激しい頭痛」「意識障害」「嘔吐」などです。特に頭痛を経験する人は多く、「バットやカナヅチで殴られたような」といわれるほどの強烈な痛みが突然起こります。ただし、頭痛をほとんど感じない例も少なくありません。
「意識障害」も、比較的多くみられる症状です。頭痛もなく、いきなり意識を失う例もあります。いびきをかいて寝たようになる例もみられます。そのほか、嘔吐や目の痛みなどの症状を経験する人もいます。
ただし、こうした症状は、実際にくも膜下出血を起こしたときに経験するもので、いわゆる前兆とは異なります。

前兆症状

その一つは、血圧の乱れです。数日前から血圧の乱高下をくり返したあと、くも膜下出血を起こす例がみられることから、血圧の変化には注意が必要です(ほかの原因も考えられるので、血圧が乱高下した場合には早めに受診しましょう)。
また、くも膜下出血の場合、前段階で動脈瘤から少量の出血があったり、動脈瘤が神経を圧迫したりして、軽度の症状がみられることがあります。その場合にもよく経験するのが、急な頭痛です。頭痛の程度は人によって異なりますが、経験する人が多いので「警告頭痛」とも呼ばれます。
そのほか、目の異常(痛み、二重にみえる、まぶたが下がるなど)、めまい、吐き気を感じる人もいます。頭のなかに違和感(モヤモヤ、ボォーッとする)を覚える人もいます。
こうした症状は、しばらくすると治ってしまいます。ところが、その数日後に大きな発作を起こす例が少なくありません。原因が思い当たらない場合には、早めに受診することが予防につながります。