よく検索されるキーワード :

夏の暑い日が過ぎ、日中も快適に過ごせるようになってきましたが、この夏の暑さも中々の暑さだったのでは無いでしょうか?

オフィスや教室では、空調の管理のもと快適な環境で仕事や学業に励まれていた方も多いと思います。

hiesyou_woman
しかし…。
快適なはずの空調。
寒い!!っと感じる女性も多いのでは?
隣のデスクの男性は平気な顔をしているのに、
私は厚手のソックスに足元はタオルケットでガクガクブルブル。

 

そう冷え性ですね。
暑い夏なのに、冷え性で悩む。
秋が過ぎ、冬になればもっと冷え性で悩む。
そうなんです。
快適な環境を獲得したがために、一部の人が年中冷え性に悩まないといけない環境になってしまっています。

 

冷え性はいつ治すのがいいのでしょうか?
おすすめの季節は、やはり比較的動きやすいこの時期なんです。
今の間に、冷え性対策を行い冷え性とお別れしましょう!

 

冷え性とは?

冷え性(ひえしょう)は、特に手や足の先などの四肢末端あるいは上腕部、大腿部などが温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態のこといいます。

原因は?

冷え性の原因はさまざま。冷房による自律神経の乱れ、足の機能低下、貧血による末梢血液の不良など。さらに生野菜やトロピカルフルーツなどの体を冷やす働きのある陰性食品を多く摂ることでも冷えを招くと言われています。

まずチェックしたいのは隠れた病気がないかを確認するということ。例えば、冷えを起こす病気としては「貧血」「心臓の病気」「甲状腺の病気」「膠原病」などがあるので、これらの病気がある場合はしっかり治療を行いましょう。1301168top

冷え性を放っておくと、頭痛や肩こりが悪化したり、風邪をひきやすくなったりして、疲労は貯まっていきます。イライラや不眠などを起こしてしまうこともあります。早めに冷え性対策をして、貯まった疲労を解消し、寒い冬を元気に過ごしましょう!

1.お腹を冷やさないよう工夫する

体の中心部分を冷やさないことがとても重要。女性に特に多い冷え性はみぞおちのあたりの温度が、おへその下の温度より低いタイプ。女性は下腹部の臓器が複雑なため、下腹部にうっ血が起こって血流量が増加するとみぞおち辺りの血流が減少し、体全体に血液が回りにくくなるのです。その結果、手足の冷えを感じてしまうことになります。みぞおちとおへその下を触ってみてください。みぞおちあたりの温度の方が低いという人は要注意。そんな人はお腹を温めることで、冷え性改善の効果が期待できます。靴下の重ね着、マフラーや手袋も重要ですが、腹巻きや下着でお腹が冷えないよう衣類を調整しましょう。

2.シャワーではなくお風呂でしっかり温まる

ぬるめのお湯(38℃ぐらい)でゆっくり温まりましょう。体に負担をかけない半身浴がお勧めします。体を芯から温めるので抹消の血流も増加します。熱いお湯は体の表面部分しか温めないので湯冷めをしやすく注意が必要です。入浴中や入浴後に軽くストレッチをするのも血流をUPさせるのでお勧めです。特に女性は、靴の締め付けにより足の甲の機能低下が起きている場合があります。足の指を広げたり足首を回すなどのマッサージを行いましょう。

3.筋肉をつけて熱産生をUPさせる

体の熱を産生させるのは筋肉。その筋肉が少ないもの冷え性の原因のひとつ。背中の筋肉は大きいので、熱の産生が大きく、冷え性改善に効果的です。足の筋力低下により足先の冷えを感じることもあるので、ふくらはぎの筋肉や足指を動かすのも効果的。運動を続けると体の筋肉が増加するので、血流もよくなってきます。末端冷え性2-1024x682

オススメの運動は、足の指でコインつかむ運動です。コイン以外でもOKなので、色々な物を掴んでみましょう。小さくて重いものは難しく、指の動きと力がポイントになります。指先を動かすことで血液の循環も良くなり足先からぽかぽかしてきます。

4.体を温める食べ物を摂る

温かい食べ物だけでなく、体を芯から温める食べ物を食べましょう。かぼちゃ・にんじん・ごぼう・たまねぎ・りんご・ぶどうなどの根菜類・赤や黒などの暖色の野菜や果物は体を温めます。冬には寒い時期に収穫される季節の野菜を摂るようにして頂ければ幸いです。また、黒砂糖・全粒粉パン・玄米など未精白のものが、精白してあるものよりおすすめします。

飲み物で言うと、紅茶・中国茶・ほうじ茶などの茶色のもの。お茶は発酵させたほうが体を温めます。生姜も体を温めるので、生姜を入れたお茶を飲むのも効果的です。

 

上記の冷え性対策の4原則で冷え性はかなり改善できるはずです。

特にこれからの季節は寒さのために体を動かす機会が減ります。日常生活の中でなるべく体を動かすように心がけて、冷えにくく疲れにくい体質をつくりましょう。