よく検索されるキーワード :

LDLコレステロールは身体に必要不可欠

otoko1123_LL

 

 

 

 

 

皆さんはLDLコレステロールと聞くと、どのようなイメージをしますか?

一般的に「悪玉」と呼ばれ、血液検査をすると「悪玉が高いですね」なんて言われた人もいるかと思います。しかし、実際に悪玉ではなく身体に必要不可欠で、なくなると生きていけなくなります。

LDLが身体に必要なワケ

まずLDLとはLow-Density-Lipoproteinの略で、コレステロール分子ではありません。また、HDLと比べて低比重のリポタンパク質というだけで悪玉でもありません。(リポタンパクはコレステロールを運んでいる)
このコレステロールは脳神経に送られ、神経が活発に伝達できるようにしています。なので、低コレステロールの方は脳の動きが悪くなります。

 

LDLと心臓疾患や動脈硬化、認知症との関係

かつてコレステロールが高いと心臓疾患や動脈硬化になりやすいと言われてきました。しかし現在の研究では間違いだと証明されています。
最近では米国国立衛生研究所が「高コレステロール値の人はすぐれた記憶機能を伴う」と発表しています。また「低コレステロール値の人はパーキンソン病になりやすい」との研究結果もあります。

 

LDLコレステロールの注意点

今までLDLコレステロールの良い所ばかりを説明してきましたが、注意も必要です。
フリーラジカルに攻撃を受けたり、糖質とくっつくと酸化してしまいます。
酸化するとアテローム性動脈硬化のリスクが出てきます。
こういったことを予防するためには、グルコースの値を正常にすることが大事です。血液検査を受けたら、LDLの値よりグルコースに着目してみましょう。高い人は酸化が促進され、脳機能の低下も引き起こされてしまいますので十分に注意してください。