よく検索されるキーワード :

気をつけてあげたい子どもの顎(がく)関節症

昔は高齢の方に多かった顎関節症。近頃、12歳前後の顎関節症患者が増えているといわれています。

主な原因としては、軟らかい食品中心の食生活によって、あごがきゃしゃな子が増えていること。そしてもう一つの原因として挙げられているのが、ストレスの増加です。現代の子どもの多くは受験や人間関係など、さまざまなストレスを抱えています。

そのために無意識のうちに歯を食いしばることが多く、それが顎関節症を引き起こすのではないかといわれています。