よく検索されるキーワード :

多発性筋炎は、骨格筋に原因不明の炎症が生じ、主として四肢近位筋、頸部、咽頭筋の対称性筋力低下と、
それによる障害を起こす病気です。同時に皮膚症状を伴うと皮膚筋炎と呼ばれます。
どちらも筋症状の特徴には差がないため、一括して多発性筋炎・皮膚筋炎と表して扱われることが多いです。

多発性筋炎は、筋疾患と全身性自己免疫疾患の2つの側面があります。
ほかの自己免疫疾患や悪性腫瘍を合併することが少なくありません。40~60歳の女性に多く発症します。

原因

病因は不明です。筋肉を中心に自己免疫反応(何らかの原因で自分の筋肉に自己抗体を作り、
自分の筋細胞を破壊する反応)が生じて発症するとの考えが有力です。

治療の方法

治療の開始が早いほど治療効果が期待できます。
薬物療法としては、ステロイド薬、免疫抑制薬、γ‐グロブリン大量静注療法などがあります。

急性期には安静と保温が必要です。回復期になれば軽いストレッチからリハビリテーションを開始し、
慢性期には関節拘縮と廃用性萎縮の予防と、過度の運動は避けるような日常生活指導をします。

多くの場合で機能障害の改善がみられ、社会生活をあまり不自由なく送ることができるようになります。
しかし、一部は長期間にわたり高度な機能障害が残り、徐々に進行します。