よく検索されるキーワード :

20131025155610_526a160a0a848

気づいた時には、足はパンパン。疲れがたまりやすい足の1日の最後にすべきケアとは?

日中は、デスクワークや営業車で外回り。

ふと、休息時間に気づく、あの足の重だるい感じ。 今日も1日頑張ったと実感する身体の疲労感の一つ。

そのまま、翌日に持ち越すとだんだん身体の調子も悪くなる一方。

簡単に出来る足のケアはどのようにすべきかご紹介。

まず、はじめに【あの重だるさ】は何なのでしょうか?

一般的にあの重だるさのことを【浮腫(むくみ)】と言います。

足のむくみの主な原因は、『病気やケガからくる病的なもの』と『短時間で治まる一過性のもの』があります。 病的なものとしては、肝臓や腎臓の疾患、血管やリンパ管の疾患、貧血や妊娠中毒症などがあります。

リンパ浮腫

若い女性に多く、最初は夕方になると足、かかと、手の甲のはれで気がつきます。 痛みや色の変化はなく、翌朝になるとはれは消えます(可逆性リンパ浮腫)。症状が進むとむくみが消えてなくなったあとに、皮膚が線維化して硬くなってきます(非可逆性リンパ浮腫)。

むくみの原因は何なのでしょうか?

足の甲のむくみの主な原因は、血行不良・リンパの流れが悪い・運動不足、などが挙げられますが、稀に腎臓や血管の病気が原因である場合があります。

浮腫を予防するにはどうすれば?

むくみの予防法

長時間の立ち仕事や座り仕事をする人は、ときどき姿勢を変えたりストレッチなどをして筋肉の緊張をゆるめることが大切です。

タオルを使ったストレッチ

直接的に浮腫(むくみ)のケアではありませんが、日頃の運動が浮腫(むくみ)予防に大きな影響を及ぼします。