よく検索されるキーワード :

 どんな病気か

wallpaper変形性頸椎症は、主に頸椎の加齢変化を原因として頸部痛や肩こり、背部痛などの局所症状を起こす病気です。頸椎は7個の 椎骨から構成されていて、椎骨同士は椎間板と椎間関節で連結されています。

椎間板は年齢とともに水分の保持能力が低下し、内圧が減少して支持性が低下します。それに伴い、上下の椎体の辺縁に 骨棘と呼ばれる骨突出部ができたり、椎間関節が磨り減ったりする一連の加齢変化が生じます。

その結果、おのおのの椎骨や頸椎全体の形状が変化するため変形性頚椎症と呼ばれます。変形により 脊髄が圧迫されると 頸椎症性脊髄症、神経根が圧迫されると 頸椎症性神経根症と呼ばれ、本症とは区別されます。

 

症状

通常、肩こりや頸部の運動痛が最も多い症状ですが、背部痛も比較的多い症状です。とくに、頸椎の動きに応じて変化する痛みで、横になって安静にしていると軽快します。また、長時間の同一姿勢や作業後に増悪します。頸部の痛みに伴う筋緊張状態が頭痛・吐き気などを誘発することもあります。

 

リハビリ

疼痛コントロールが治療の目的です。まずは、日常生活で痛みを増悪させる動作、すなわち同一姿勢の長時間の保持を避けます。

特に首を過度に伸展させることはお勧めしません。まずは病院にて治療を最優先にしましょう。また、痛みがない時期には体操などで積極的に頸部の筋力をつけることは長期的に有効です。特別な頸部の筋力訓練でなくても、ランニングなどの軽い運動も効果的です。十分な睡眠時間や精神的リラックスも重要です。(運動の種類については症状によって変わります。一度主治医の意見を参考になさってください。)

自己でできるセルフエクササイズとしては、自宅ではお風呂でしっかり温めて肩をまわす程度にし、運動の種類については主治医、セラピストと相談のうえ、実施してください。もし可能であれば、枕の高さについても主治医やセラピストに相談するのもよいでしょう。