よく検索されるキーワード :

人間の体の水分は、成人で60%、新生児で80%もありますが、老人になると50%以下になることもあります。

体が老化するということは、水分が減っていくことでもあります。水

細胞内の水にはカリウムイオンという微量成分が含まれており、
老化に伴い細胞内の水が減るとこのカリウムが失われて、細胞の生命力が無くなっていきます。

カリウムの減少は老化の確実な指標

水分が少なくなるとナトリウムが細胞内に入り始め、神経痛や筋肉の老化などの異常を引き起こします。

夏場の水分補給だけでなく、日頃からの水分補給は健康のために必要なことです。