よく検索されるキーワード :

仰向けに寝た状態で膝を立て、腹筋運動を行います。
反動をつけて上半身を起こすのではなく、ゆっくりと起こし、ゆっくりと戻します。

背中の肩甲骨が浮き上がる程度まで上げれば、ゆっくりと元に戻しましょう。
目線はお臍を覗きこむように。手の位置は、胸の前で腕を組んでいもらうと反動がつきにくいので良いでしょう。

注意点

痛みが出現した場合は中止してください。
また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行ってください。
心配な場合は、必ず医師・担当の療法士、セラピストに相談してから行いましょう。

運動は反動をつけて行っては行けません。
また、呼吸を止めないために数を声に出すのも効果的です。