よく検索されるキーワード :

四つ這いの姿勢からスタートです。背中は曲がったり、反り返ったりしないように注意しましょう。
まずは、左手を前方へ持ち上げます(肘は伸ばしたままがベストです)。
問題がなければ、右の膝を持ち上げて足を浮かせてみましょう。

手は左、足は右と交互になるように上げてもらえれば、バランスよく強化できます。

注意点

痛みが出現した場合は中止してください。
また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行ってください。
心配な場合は、必ず医師・担当の療法士、セラピストに相談してから行いましょう。

運動は反動をつけて行っては行けません。
また、呼吸を止めないために数を声に出すのも効果的です。