よく検索されるキーワード :

四十肩・五十肩で老化現象が早まる?

肩の痛みでよく聞く四十肩・五十肩。

着替えで腕をねじるような動作や、電車のつり革に1301168topつかまる位置に手を伸ばそうとした時などに多く起こります。一報で、腕を体の横に下げた状態などの、肩の関節を動かさない状態なら、痛みは起こりません。

肩の動きを可能にしている関節には、いくつか炎症を起こしやすい部分があります。 炎症を起こしやすい状態が続くと、腕を支えている肩の関節部分の構造に、変化が生じて、いわゆる老化現象を早めてしまう恐れがあります。関節をとりまく靭帯や筋肉、腱が硬くなり、その状態で日常生活を送っていると、それだけで肩関節への負荷が増し、炎症を起こすきっかけをつくることになってしまうのです。