よく検索されるキーワード :

側臥位のを姿勢から、上にある方の足を開きます。
注意点は、身体が開いてしまい膝が上を向いてしますと、効果が半減します。
身体が開かないように、意識しながら踵を持ち上げるように、股関節を開いていきましょう。

注意点

痛みが出現した場合は中止してください。
また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行ってください。
心配な場合は、必ず医師・担当の療法士、セラピストに相談してから行いましょう。

運動は反動をつけて行っては行けません。
また、呼吸を止めないために数を声に出すのも効果的です。