よく検索されるキーワード :

スクワットには様々な方法があります。
膝の位置とお尻の位置関係で、強化する部位が変わります。

1.膝関節を前方に出しながらスクワットを行う。(大腿前面の強化)
2.お尻を後ろに残しながらスクワットを行う。(臀部中心の強化)

それぞれの運動は、膝・股関節を深く曲げる必要はありません。曲げすぎに注意しましょう。

注意点

痛みが出現した場合は中止してください。
また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行ってください。
心配な場合は、必ず医師・担当の療法士、セラピストに相談してから行いましょう。

運動は反動をつけて行っては行けません。
また、呼吸を止めないために数を声に出すのも効果的です。