よく検索されるキーワード :

手洗いの励行

調理の後や二枚貝を取り扱った後、またトイレの後などは手洗い十分に手を洗いましょう。石鹸と流水で洗うことでウイルスの殺菌自体は期待できませんが、付着したウイルスを皮脂と共に洗い流すことができます。感染事例の多くが人を介して起きており、感染防止には手洗いが最も重要です。

食品の加熱

85度以上、1分以上の加熱で感染力を失活化できます。調理器具などは洗剤を用いて洗浄し、家庭用塩素系漂白剤(ハイタ-、ブリーチなど)で浸すように拭くとウイルスを失活化できます。

嘔吐の処理

ノロウイルス感染は高率に嘔吐を認めます。吐物処理の対応次第で二次感染の広がりを左右します。吐物は素手で触らず使い捨ての手袋を利用しましょう。エタノールではノロウイルスは失活化できませんので、家庭用塩素系漂白剤を用いてください。ふき取った後の物はビニール袋に密封し、燃えるゴミとして処分してください。

便の処理

便の処理も嘔吐と同じように扱います。

ノロウイルスは予防が大切です。一旦発症すると、次々に感染者が増えていきます。私が勤めていた病院でも、嘔吐下痢の患者さんが1人出た後、2人、4人、8人、20人と倍々に増えていき、感染を食い止めるのが大変でした。発症した患者さんと他の患者さんとの接触を断つようにし(隔離)、ドアノブや手すりなどの消毒を行い、手洗いを徹底してやっと沈静化しました。保育所や介護施設、病院など、乳幼児や高齢者、免疫力の低下した人がいる場所では感染が広がりやすいので注意が必要です。