よく検索されるキーワード :

「アルコールでは太らない」は誤解

「お酒だけなら、太らないよ。」そんなことを思っているあなた。そんなはずが無いじゃないですか!

アルコールが原因となる肝臓障害のなかで、もっとも多いのが「脂肪肝」です。肝臓には通常でも細胞の10%程度に中性脂肪が貯蔵されていますが、それが30%以上になった状態が脂肪肝です。

 

アルコールをとりすぎると、脂肪酸から中性脂肪が大量に合成されて肝臓の細胞に蓄積されるため、脂肪肝が起こりやすくなります。余分な中性脂肪はさらに血液中にも流れ込み、高脂血症や動脈硬化の原因ともなります。
よく「アルコールはエンプティ・カロリーなので太らない」と思っている人がいますが、それは誤解です。前述のように中性脂肪を合成するため、たとえ体重が増えなくても、内臓脂肪型の肥満の原因となるのです。

 

脂肪肝の状態をほうっておくと、アルコールが分解されるときに発生する毒性物質のアセトアルデヒドや活性酸素によって、次第に肝臓の細胞が壊され、「肝硬変」へと進みます。さらに放置していると、「肝不全」や「肝がん」にもなりかねません。
しかも肝臓は「沈黙の臓器」ともいわれるように、痛みやきしみといった症状をなかなかみせません。そのため気付かないうちに、脂肪肝から肝硬変へと進んでしまうことが多いのです。悪化すると、だるさ、食欲低下、黄疸などの症状がみられることもありますが、脂肪肝の段階ではほとんど自覚症状はありません。それだけにアルコールをよく飲む人は定期的に健康診断を受け、脂肪肝の疑いがある場合には早めに治療を受ける必要があります。